HOME ケーブルテレビサービス インターネットサービス ケーブルプラス電話 緊急地震速報サービス コミュニティチャンネル お客様サポート お問い合わせ・お申し込み
ホーム緊急地震速報サービス ■仕組み

P波とS波。揺れ方の違い
地震の揺れは、震源から波紋のように波(震源波)として伝わってきます。震源波には、速度が速いP波(初期微動)と、速度は遅いが大きな揺れを起こすS波(主要動)の2種類があります。地震による被害は主にS波によってもたらされます。

P波とS波。揺れ方の違い
地震の揺れは、震源から波紋のように波(震源波)として伝わってきます。震源波には、速度が速いP波(初期微動)と、速度は遅いが大きな揺れを起こすS波(主要動)の2種類があります。地震による被害は主にS波によってもたらされます。

緊急地震速報ってどんな仕組みなの?
緊急地震速報は、このP波とS波の伝わる速度差を利用し、地震の発生直後に震源に近い地震計でとらえたP波の観測データを解析して、震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定します。これに基づき各緊急地震速報端末でのS波の「予測震度」と「到達までの予想時間」を推定し、S波が到達する前に地震予測情報を提供します。

気象庁の信頼性のある情報をお届け!
テレビ松本の緊急地震速報は、全国に1,000ヵ所以上ある地震計のデータを基に気象庁が発信する地震情報を専用のシステムで解析し、各地域での「予測震度」と「到達までの予想時間」を算出します。それを弊社のケーブルテレビ回線に接続された緊急地震速報端末に一斉配信し、大きな地震が来る数秒から数十秒前に情報を音声によりお知らせするサービスです。

このページのトップへ