HOME ケーブルテレビサービス インターネットサービス ケーブルプラス電話 コミュニティチャンネル サービス概要 お客様サポート お問い合わせ・お申し込み
ホームインターネットサービスセキュリティ情報 ■常時接続における注意点
トップ
個人情報の発信
メールの利用に関して
ウイルスに感染かも
windows Updateについて
ワンクリック詐欺
架空請求について
不正な利用請求について
CATVやADSL、光などインターネットの世界はブロードバンドの時代となり、常時接続が当たり前となっております。時間を気にせず、いつでも快適にインターネットに接続できる一方、悪意のある人にとっても、いつでもパソコンに侵入できる環境であるとも言えます。

悪意のある第三者がパソコンに侵入する方法は、以下のケースがあります。

1,ウイルスを送りつけて感染させる。

2,インターネットに接続しただけで感染するワーム(自己増殖を繰り返しながら破壊活動を行なうプログラム)をばらまく。

3,お客様のIPアドレスに対して直接アタックをかける。など

常時接続に限らずパソコンやインターネットの利用でも感染する場合があります。

1.ウィルスに感染したファイルを開く。

2.知らない人からのなどの当たりのないメールを安易に開く。

3.WEBサイトからファイルやプログラムを安易にダウンロードする。

4.USBメモリなどに入っている不明なデータを安易に開く。

また、パソコンに侵入された場合は、以下のような被害が考えられます。

1,ウイルスやウイルスメールを外部に送りつける。
(自分では感染に気が付かず、外部からの連絡で判明する事例も多い)

2,パソコンの中身を覗かれる。

3,パソコンのデータを改ざん・削除される。

4,ネットワークパフォーマンスの低下(インターネットの通信速度を遅くさせる)。

5.情報が漏洩される。 など

パソコンの動作が遅くなったり、何も動作をしていないのにケーブルモデムが通信している場合は感染している恐れがあります

このような被害から身を守るために、以下のような対策をしてください。
※この対策により100%安全であると言うことではありません。

1,安易に不明なソフトを開いたりダウンロードしない。

2.パソコンを利用していないときには、電源を切る、またはLANケーブルを外しておく。

3,パソコンにセキュリティ対策ソフトをインストールする。

4,Windows Updateを定期的に行う。

 →Windows Updateについてはこちらをご覧ください。

5,セキュリティ対策ソフトのウイルス情報を定期的に更新する。

6,セキュリティ対策ソフトを使って定期的にパソコンのウイルスチェックをする。

このページのトップへ